医療関係者と患者が情報を共有し、協力して治療に臨むために

Academic Detailing について

 

HOME»  疾患別»  精神神経疾患 患者向け»  うつ病 患者向け

患者向け

 

うつ病とは

気分が落ち込んだり、憂鬱であることがある程度以上重症である場合、「うつ病」の可能性があります。
一般的によく見られる症状は以下のようなものがあります。


 
                                厚生労働省  http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_depressive.html


●患者数
 うつ病の12か月有病率は1~8%(日本では1~2%)、生涯有病率は3~16%(日本では3~7%)という報告があります。
厚生労働省が実施している患者調査によれば、日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人、1999年には44.1万人とほぼ横ばいでしたが、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と、著しく増加しています。

                      厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_depressive.html
       
うつ病の診断では血圧などの検査値を用いることができないため、その診断法や診断医により基準が異なり、明確な患者数は不明です。うつ病に対する考えも国や地域によりさまざまで、病院への行きやすさも患者数に影響する可能性があります。
うつ病患者さんが年々増加していることに関しては、マスコミやネットなどで情報を入手しやすくなり、うつ病が一般的に広く知られるようになったことで、受診者数が増えたことも原因の一つして考えられます。




●原因 
 

 

診断

うつ病の診断には以下のようなものを用います。どれも心理テストのようなものです。

●ICD-10…世界保健機関(WHO)の「疾病と関連保険問題の国際統計分類」第10版
●DSM…「米国精神医学会(APA)による精神疾患の診断統計マニュアル
●ハミルトンうつ病尺度(HAM-D)

以下に具体的な項目を示しますが、これらの項目は「うつ病の人に多くみられる症状」を統計的に抽出したものであり、あてはまったから100%うつ病だ!と自己診断できるわけではありません。
反対に、あてはまらないからうつ病ではない、とも言いきれません。疑いがあれば受診すると良いと思います。

*DSM分類


・5つ以上が2週間以上続くこと
・1か2のどちらかは必ず認めること
・苦痛を感じている事、生活に支障を来していること
を満たすと「抑うつエピソード」であると判断され、更に
・他の疾患を除外している事(例えばお薬で誘発されたうつ状態など)
を満たすと、うつ病の診断基準を満たすこととなります。
 


*ICD-10

・大項目2つ以上、さらに小項目2つ以上満たし、症状は著しい程度ではないものが軽症うつ病エピソードです。
・大項目2つ以上、さらに小項目3つ以上満たし、そのうちの一部の症状が著しい程度であるか
 全般的に広汎な症状を認めるものが中等症うつ病エピソードです。
・大項目3つ、小項目4つ以上満たし、そのうちのいくつかが重症であるものが重症うつ病エピソードです。

せせらぎメンタルクリニックHPより作成 
http://seseragi-mentalclinic.com/atypical-depression-diagnosiscreteria/

 

 

治療


●治療法の種類
*薬物治療

*電気痙攣療法(ECT)
 重症・自殺の危険性が高い患者さんに行うことがある。
 有効性は高いが、再燃の可能性が高い。また、実施できる施設が限られる。 

*認知・心理・社会的療法
 限られた時間の中での医師による診療だけでは患者や家族の話を十分に聞くことが難しいため、
 臨床心理士やカウンセラーなどの協力が有効である。薬物療法との並行も有効である。
 患者だけではなく家族も心理療法を受けて関係を改善する方法もある。
 薬とは違い、副作用がほとんどないこともメリットである。



●薬物治療
 
 うつ病治療薬は、効果と副作用の表れ方を探りながら、少しずつ量を増やしていきます。
 薬ごとに定められた最大投与量まで増やせたら、しばらくその量を維持します。
 症状が落ち着いた状態が維持できたら少しずつ量を減らしていきます。

    ※エスシタロプラム(レクサプロ)という薬は例外です。
    ※患者さんによりかかる時間は異なります。


 副作用は薬を飲み始めた初期に起こりやすいといわれており、効果よりも強く感じてしまうこともあります。
 医師に相談するようにして、自分で薬を飲むのをやめることは危険です。
 また、維持期に、もう治ったと思い自分で薬を飲むのをやめてしまうことも危険です。
 薬の急な中断により再びうつ症状が現れる可能性がぐんと高くなってしまいます。